日経ビジネス 2003/04/28号

特集 六本木ヒルズ 森ビルの執念と憂鬱 第3章
出口なし、2003年問題

 ゴールドマン・サックス証券東京支店、リーマン・ブラザーズ証券東京支店、ヤフー本社、コナミ関連各社、…。 六本木ヒルズのオフィス棟、森タワーへの入居が内定している主な企業だ。外国証券、IT(情報技術)関連など時代を象徴する企業が並ぶ。 六本木ヒルズ森タワー1棟で新たに供給された床面積は約38万m2。これは昨年9月にオープンした丸ビル2.4棟分。(40〜42ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4907文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 不動産事業 > 不動産事業の市場・業界動向
建設・不動産 > 建設・不動産の市場・業界動向 > 不動産事業の市場・業界動向
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 不動産事業の市場・業界動向
【記事に登場する企業】
住友不動産
三井不動産
森ビル
update:19/09/24