日経ビジネス 2003/05/05号

時流超流・トレンド
人の往来止まり新製品に遅れ、対策にも落とし穴 SARS猛威で製造業「6月危機」

 「SARSの影響が長引けば、6〜7月には取り返しのつかない事態に陥りかねない」——。中国で猛威を振るう新型肺炎SARS(重症急性呼吸器症候群)が、製造業のサプライチェーンに深刻な危機をもたらしている。香港や広東省では、日系企業の駐在員の間で「6月危機」が囁かれ始めた。 中国にある日本メーカーの工場や生産委託先は、今のところほぼ平常通りに操業を続けている。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3129文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
【記事に登場する企業】
日本貿易振興機構
香港・宮川香港
update:19/09/24