日経ビジネス 2003/05/05号

特集 トヨタが造る空港 カイゼンで1000億円 第2章
コスト削減の壁なお厚く 入札改革やPFIが突破口に
増税する前にコストダウンを

 中部空港が実践しているコスト削減は、国にもできるのか。かつて投資採算など考える必要がなく、費用対効果という概念も効果を過大に見積もり、事業を行う手段として使ってきた。財政難から方針転換し、成果を上げ始めた地方自治体はあるが、官に求められる役割は民間企業ほど単純でない。法的な制約もある。国はなぜ変われないのかを探る。(34〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6642文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
【記事に登場する企業】
経済調査会
建設物価調査会
国土交通省
中部国際空港
update:19/09/24