日経ビジネス 2003/05/05号

ケーススタディー 逆境からの脱出 経営
ローソン 新浪改革、タブーなし

 ローソンが郵政事業庁(現・日本郵政公社)とコンビニエンスストア店内のポスト設置などで業務提携を発表したのが2002年12月。これを皮切りに、新日本石油や北陸銀行と共同店舗構想で、カルチュア・コンビニエンス・クラブとカードのポイント制度の共通化で、それぞれ提携を決めた。わずか4カ月間にこれだけ異業種提携を進めた例は極めて珍しい。(40〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8001文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
ローソン
update:19/09/24