日経ビジネス 2003/05/12号

時流超流・トレンド In the Market
0.5%台に突入した10年国債利回り 日本から金利がなくなる?

 「長期金利がこのまま下がり続けると、年末にはゼロになってしまうかもしれないね」。日興シティグループ証券の佐野一彦チーフストラテジストは冗談交じりに言う。 長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは昨春以降、ほぼ一本調子で低下(価格は上昇)。デフレの長期化観測を映して昨年10月末に1%を切り、今では0.5%が視野に入っている。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1591文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
【記事に登場する企業】
日本銀行
update:19/09/24