日経ビジネス 2003/05/19号

時流超流・トレンド
広東省出張、解禁秒読み SARSで新製品立ち上げ延期、もはや限界

 「とにかく忙しい。今年の5〜6月の生産量は当初見込みに比べて2〜3割増えることになりそうだ」。中国広東省東莞市でバネなどの部品を手がける奄美スプリングの佐々木富雄総経理は、フル操業が続く工場でこう話す。 同社は華南地域にある日系メーカー200社に部品を納めている。例年もこの時期は年末商戦用の新製品立ち上げで忙殺されるが、今年は意味合いが違う。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1721文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 社名変更・組織変更・本社移転
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
【記事に登場する企業】
奄美スプリング
加賀電子
WHO
update:19/09/24