日経ビジネス 2003/05/19号

時流超流・トレンド In the Market
5期ぶり2円で復配予定の昭和電工 財務立て直しは道半ば

 「株主価値を高めるためには、時価総額を増やし、配当することだ」。昭和電工の大橋光夫社長は今春の入社式で、新入社員にこう強調した。大橋社長があえて配当に触れたのには訳がある。同社は2002年12月期まで4年連続無配。経営刷新を進め、2003年12月期に年2円で復配できる見通しが立ったからだ。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1526文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
【記事に登場する企業】
昭和電工
update:19/09/24