日経ビジネス 2003/05/19号

技術&イノベーション リポート
新バイオプラスチック 用途広がる「環境素材」

 今から3年ほど前に送られた1枚のファクスがそのプロジェクトの始まりだった。「CO2(二酸化炭素)の排出量を抑制する手段として植林が有効です」。ファクスを受け取ったのはNECの環境推進部。送り主はオーストラリアで植林事業を展開するネイチャートラスト(東京都渋谷区)の古川廣一社長だった。(90〜92ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3477文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 環境・エコロジー(パソコン・デジタルギア) > パソコン・デジタルギア関連のエコロジー*
医療・バイオ > バイオ技術 > バイオ新素材
ビズボードスペシャル > 環境 > パソコン・デジタルギア関連のエコロジー*
ビズボードスペシャル > 素材 > バイオ新素材
【記事に登場する企業】
NEC
ソニー
ネイチャートラスト
三菱樹脂
update:19/09/24