日経ビジネス 2003/05/19号

時流超流・トレンド 緊急特別座談会
SARSが問うリスク戦略、封じ込め失敗なら… 中国成長率、最悪4%台も

 中国で猛威を振るう新型肺炎SARS(重症急性呼吸器症候群)は、中国経済の高度成長や日本企業の経営にどんな影響を与えるのか——。本誌は経済産業研究所の関志雄・上席研究員、ゴールドマン・サックス証券のキャシー松井・チーフストラテジスト、ボストンコンサルティンググループの今村英明・バイスプレジデントによる、緊急特別座談会を開催した。(126〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3130文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
経済産業研究所
ゴールドマン・サックス証券
中国政府
ボストン・コンサルティング・グループ
update:19/09/24