日経ビジネス 2003/05/26号

ひと烈伝 人物
奥井 俊史 氏[ハーレーダビッドソンジャパン社長] 経営を授けるバイク門外漢

 「ポテトポテトポテトポテト…」。大型2輪車、ハーレーダビッドソンのエンジン音は、米国人にはこう聞こえるという。日本の道路でも、意識して聞いてもらえば、この「ポテト」音に頻繁に出合えるはずだ。ハーレーの2002年の日本での販売台数は1万800台、11年前の約4倍に達する。日本の2輪車市場が縮小を続ける中、伸び率だけを取れば、まさに独り勝ちの状態にある。(100〜102ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5491文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
【記事に登場する企業】
米ハーレーダビッドソン社
ハーレーダビッドソンジャパン
update:19/09/24