日経ビジネス 2003/05/26号

一刀論断 コラム
目に余る農村荒廃 高齢者を町に集めるべき 奧野 善彦[弁護士]

 旧日本リースをはじめ企業の再建を管財人としてたくさん手がけ、企業は立て直せるものだと実感している。それに引き換え日本経済の裾野と言うべき地方の荒廃は、これ以上放置するともう手のつけようがなくなる。 東京だけ見ていると、日本のどこが不景気かと思わなくはない。実は日本が抱える問題の先端は東京になく、地方農村に集中して表れている。(142ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1710文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
update:19/09/24