日経トップリーダー 2003/05/01号

核心を聞く
倒産3日前、その時社長は… 土壇場で問われる本当の「経営力」と「人間性」

倒産の危機という極限状態で、経営者の一挙手一投足を冷静に見つめるのが弁護士の役割だ。その目から見ると、同じ倒産にも「良い倒産」と「悪い倒産」があるという。経営者自身の覚悟と力量があれば、再起を目指す「良い倒産」も不可能ではない。 「借りたカネを返せないとはどういうことや」「社長の居場所を知っとるんやろ。さっさと呼んでこんか」││。(88〜89ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2534文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
update:19/09/24