日経トップリーダー 2003/05/01号

社長の決断便利帳
商標登録のカギは識別力と類否性

 商品のネーミングを変えたら、売り上げが大きく伸びた——こんなケースは意外と多い。今回は、商品やサービスのみならず、企業のイメージをも左右する「商標」について、その概要と権利化する際のポイントを解説する。 商標とは、自社の商品またはサービスと他社のそれを区別するための標識だ。具体的には、文字や図形、記号、立体的形状から成る名前やマークなど。(105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1837文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
特許庁
update:19/09/24