日経ビジネス 2003/06/02号

特集 通年企画●日本復活の条件 MADE IN JAPANの逆襲●「中国
4 設備力 パナソニックモバイル クリーンルームで作る携帯

同じ製品を安定的に長期間、大量に作り続けることで、不良品が減って生産コストが下がる。ヘンリー・フォードが生み出したT型フォードの量産以来、製造業の基本は根本的には変わっていない。 ところが、松下電器産業グループの携帯電話事業を手がけるパナソニックモバイルコミュニケーションズの伴哲モバイルターミナル工場長は、この製造業の黄金律に真っ向から異を唱える。(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2712文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 通年企画●日本復活の条件 MADE IN JAPANの逆襲●「中国(26〜29ページ掲載)
MADE IN JAPANの逆襲 「中国製」に勝つ5つの力
特集 通年企画●日本復活の条件 MADE IN JAPANの逆襲●「中国(31ページ掲載)
1 ブランド力 竹内製作所 建機のベンツは日本製
特集 通年企画●日本復活の条件 MADE IN JAPANの逆襲●「中国(32〜33ページ掲載)
2 知財力 キヤノン 鉄壁の特許網で独走
特集 通年企画●日本復活の条件 MADE IN JAPANの逆襲●「中国(34〜35ページ掲載)
3 カイゼン力 シャルマン 日本こそ世界の工場
特集 通年企画●日本復活の条件 MADE IN JAPANの逆襲●「中国(36〜37ページ掲載)
4 設備力 パナソニックモバイル クリーンルームで作る携帯
特集 通年企画●日本復活の条件 MADE IN JAPANの逆襲●「中国(38〜39ページ掲載)
5 機動力 ワールド 納期7日の多種少量生産
特集 通年企画●日本復活の条件 MADE IN JAPANの逆襲●「中国(40ページ掲載)
“生モノ”は日本製が最適
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > 携帯電話機*
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > 携帯電話機*
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > 携帯電話機*
【記事に登場する企業】
パナソニックモバイルコミュニケーションズ
update:19/09/24