日経ビジネス 2003/06/09号

有訓無訓 コラム
「心意気」忘れた日本人 密な人間関係を取り戻せ 豊田 泰光[野球評論家]

 プロ野球の世界で言えば、大リーグ流の投手分業制が当たり前になり、先発ピッチャーは100球ちょっとしか投げなくなった。しかし、チームの置かれた状況や、そのピッチャーの将来を考えた時、140でも150でも投げるべき場面が必ずあると思うんです。そういう「ここ一番の勝負どころ」は、一生に何遍も来るわけじゃない。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1400文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
update:19/09/24