日経ビジネス 2003/06/16号

特集 年金が会社を壊す 運用難と時価会計の恐怖 第2章
あなたの年金大丈夫? 企業の改革でどう変わる個人の受給

 「ほんの数年前まで、まさか年金基金が解散するなんて思いもしなかった。『401k』に移行するが、運用のこともよく分からないし…」 大手メーカーの元部長で、今は子会社に転籍している吉田孝夫さん(55歳、仮名)は、こう言って顔をしかめた。吉田さんの会社は厚生年金基金を解散し、一部を確定拠出年金(日本版401k)に移す予定。思いもよらぬ成り行きに戸惑い気味の様子だ。(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2104文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 年金が会社を壊す 運用難と時価会計の恐怖(26〜29ページ掲載)
2年で解散続出!?
特集 年金が会社を壊す 運用難と時価会計の恐怖 第1章(30〜35ページ掲載)
“年金倒産”はこう防ぐ
特集 年金が会社を壊す 運用難と時価会計の恐怖 第2章(36〜37ページ掲載)
あなたの年金大丈夫? 企業の改革でどう変わる個人の受給
特集 年金が会社を壊す 運用難と時価会計の恐怖 第3章(38〜39ページ掲載)
年金は企業をこうして蝕む
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
update:19/09/24