日経ビジネス 2003/06/16号

技術&イノベーション リポート
シャープの携帯液晶3Dディスプレー 近づいた「お茶の間シアター」

 専用の眼鏡をかけなくても、自宅で手軽に3D(3次元)映像を楽しめる“お茶の間3Dシアター”が、技術の進化で少しずつ現実味を帯びてきた。複数の国内メーカーが、肉眼で3D画像を楽しめるディスプレーの開発を進めており、技術的には商用化が可能なレベルに達してきたからだ。(68〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3559文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > ディスプレイ > その他(ディスプレイ)
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
三洋電機
シャープ
ナムコ
マーキュリーサンデー
update:19/09/24