日経ビジネス 2003/06/16号

シリーズ企画 負けるな中小企業 リポート
地域金融、再生支援に活路

 「負の遺産のない全く新しい銀行を設立する」。5月23日、東京都の石原慎太郎知事は集まった報道陣を前に、こう大見得を切った。 資本金2000億円、そのうち50%超を都が出資する新銀行を設立し、技術力や将来性に優れた中小企業に対して無担保で融資する。従来の担保主義を排し、生きた資金を中小企業に供給することが目的だ。地方銀行上位行並みの5兆円程度の資産規模を目指す。(124〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6559文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
足利銀行
鬼怒川温泉山水閣
update:19/09/24