日経ビジネス 2003/06/23号

時流超流・トレンド
夏場の電力危機が製造業を襲う「第3の波」に 在庫積み増しや生産移管急ぐ

 首都圏の夏場の電力不足がいよいよ切実な問題となってきた。製造業では停電による工場の一時操業停止が減産に直結、収益を直撃するため、生産移管などの本格対策に動くところが出てきた。イラク戦争の勃発、新型肺炎SARSの流行と相次ぐ外患に見舞われた日本企業は、内なる電力危機という「第3の荒波」に直面している。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2397文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
【記事に登場する企業】
NEC
カゴメ
キリンビール
サントリーホールディングス
東京電力ホールディングス
富士ゼロックス
update:19/09/24