日経ビジネス 2003/06/30号 別冊

特別編集版 日本経済 再生から成長へ 御意見番 私が考えるサービス化
製品化にこだわらず 旬の技術で素早く稼ぐ 松田 譲[協和発酵工業社長]

協和発酵工業は、世界でもトップクラスの発酵技術をキーテクノロジーとして、医薬品や化学品、食品などの開発・製造を手がける複合企業と定義できる。アミノ酸を合成できる世界でも数少ない企業の1つだが、これは日本人を結核から守りたいという思いから、たんぱく質の研究を進めてきた過程で確立した技術だ。 当社の事業は、バブル期までは順調に拡大してきた。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1346文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
【記事に登場する企業】
協和発酵キリン
update:19/09/24