日経ビジネス 2003/06/30号 別冊

特別編集版 日本経済 再生から成長へ 御意見番 私が考えるサービス化
「非日常」を売るため あえて稼働率を下げる 窪山 哲雄[ザ・ウィンザー・ホテルズインターナショナル社長]

空き室があるのに予約を断る時、とても申し訳なく思う。心苦しくもある。ただ私が運営会社の社長を務める「ウィンザーホテル洞爺」のサービスの質を保つためには致し方ない。そう割り切るようにしている。 北海道の景勝地、洞爺湖を見下ろす山の頂に、このホテルはある。今年6月1日でオープンから1年が経過。客室は398あるが、ハイシーズンの昨夏でも、予約は300室を上限とした。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1417文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > その他(サービス・流通・生活・文化) > その他(サービス・流通・生活・文化)
【記事に登場する企業】
ザ・ウィンザー・ホテルズ・インターナショナル
update:19/09/24