日経ビジネス 2003/06/30号 別冊

特別編集版 日本経済 再生から成長へ サービス化に挑む 企業編●主要35業種 
2 家電
成長分野でも単価下落 訴求点を外せば即退場

 リストラが成功し、薄型テレビやDVDレコーダーなどの成長分野にタイミング良く製品を投入できた松下電器産業などは、業績を回復させつつある。しかし、家電業界全体を見渡すと、状況は依然として厳しい。 テレビなど民生用電子機器の2002年の国内出荷金額は2兆222億円と、前年比100.6%と横這いだった(JEITA調べ)。(116ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1342文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
車・機械・家電・工業製品 > 白物家電 > その他(白物家電)
【記事に登場する企業】
三洋電機
update:19/09/24