日経ビジネス 2003/06/30号 別冊

特別編集版 日本経済 再生から成長へ サービス化に挑む 企業編●主要35業種 
7 医薬品
医療費削減の逆風下で  「患者本位」の姿勢がカギに

 医薬品業界は逆境の中にある。高騰する医療費が国の財政を圧迫し、薬剤費の削減が進められている。そうした中で、国内の医薬品生産額はここ数年、6兆円前後で横ばいを続ける。 国内市場が伸びない中で、ゲノム(全遺伝情報)創薬などの研究にかかるコストは増加する一方だ。三共が従来、年間750億円程度としていた研究開発費の見積もりを950億円に修正したことはその典型例だろう。(126ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1321文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
医療・バイオ > 医薬品 > その他(医薬品)
【記事に登場する企業】
アステラス製薬
武田薬品工業
update:19/09/24