日経ビジネス 2003/06/30号 別冊

特別編集版 日本経済 再生から成長へ サービス化に挑む 企業編●主要35業種 
11 工作機械
需要回復も先行き不透明 経営革新の動きが本格化

 工作機械業界は製造業の設備投資抑制の影響をまともに受け、ここ数年、業績悪化にあえいできた。昨年8月には70年近い歴史を持つ名門企業、日立精機が民事再生法を申請。今年3月期決算でも、業界大手のオークマ、牧野フライス製作所、森精機製作所がそろって2期連続の赤字を計上した。 しかし、昨年後半から「需要減少は底を打った」との見方が広がっている。(133ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1347文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
【記事に登場する企業】
DMG森精機
update:19/09/24