日経ビジネス 2003/06/30号 別冊

特別編集版 日本経済 再生から成長へ サービス化に挑む 企業編●主要35業種 
23 家電量販店
巨艦店優位は揺るがず メーカーの参入に注目

 1990年代後半から、ヤマダ電機、コジマ、ケーズデンキの「YKK」と呼ばれた北関東拠点の3社を中心に全国展開する動きが加速し、家電量販店チェーンは大競争の時代に突入した。 2002年度の上場企業の決算を見ると、大型店の出店を積極的に進めながら、低コストの物流体制や情報システムを築いた最大手のヤマダ電機が業界他社に比べて頭1つ抜けた利益率を確保。(147ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1331文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
ヤマダ電機
update:19/09/24