日経ビジネス 2003/06/30号 別冊

特別編集版 日本経済 再生から成長へ サービス化の時代
サービス化経済 離陸の条件

 国民1人当たりの国内総生産(GDP)。この経済指標は、その国の経済力(生活水準や生産力)を測る最も重要な指標だ。国民1人当たりの実質GDPが1万ドルというのが、「先進国」か「発展途上国」かを分ける目安とも言われる。 OECD(経済協力開発機構)によれば、2001年の1人当たり実質GDPの水準で、日本は米国に比べて27%低い(購買力平価ベース)。(44〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2893文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
【記事に登場する企業】
経済協力開発機構(OECD)
マッキンゼー・アンド・カンパニー
update:19/09/24