日経ビジネス 2003/06/30号 別冊

特別編集版 日本経済 再生から成長へ サービス化の時代
強いサービス業が日本経済回復の第一歩

 日本の雇用全体の58%を占めるサービス産業の労働生産性が米国と比べて極めて低いことを見た。すでに世界的に見てトップレベルの生産性を誇る日本の輸出主導型製造業にこれ以上国全体が依存しても、日本経済の高い成長は望めない。GDP(国内総生産)をさらに高めるには、流通、医療、旅行、運輸、生活サービスといったサービス産業の労働生産性を上げるのが一番の近道だ。(52〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4494文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
update:19/09/24