日経ビジネス 2003/06/30号

本 著者に聞く パーソナル
梁 奉鎭 氏[韓国・世宗大学校教授] 日本は「ゆでガエル」だ
 『甦る韓国、安楽死する日本』

1997年の通貨危機から見事に甦った韓国。この6年の間に、韓国の金融・企業システムは、日本型から米国型へと一気に改革が進んだ。ドラスチックな改革がなぜ韓国では可能で日本では難しいのか、豊富な事例を基に元新聞記者が鋭く分析した1冊。(聞き手は川嶋  諭) ──刺激的なタイトルですが、少し度が過ぎている印象を受けました。そんなに日本の未来は暗いですか。(71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1666文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
竹村出版
update:19/09/24