日経ビジネス 2003/06/30号

技術&イノベーション リポート
松下電工と松浦機械の金型自動製造機 光と削りで型を作る

 83ページに見えるプラスチックの部品はヘアドライヤーの取っ手。中にいろいろ組み込むためたくさんの突起を持つ。だからご覧の通り、それを作る金型も細い溝、深い穴ありで複雑だ。 プラスチック射出成型に用いる例えばこんな形の鉄製金型を、1台の機械と1つの工程で一気に作る技術が現れた。(82〜84ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3828文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 製造機械・工具
【記事に登場する企業】
大阪大学
パナソニック電工
松浦機械製作所
update:19/09/24