日経ビジネス 2003/07/07号

時流超流・トレンド 景気読み筋スペシャル
バブル期以来の活況相場 株高に見る景気回復の兆し

 「潮目が変わった」というのはこういうことを言うのだろう。わずか1カ月半前には7000円台半ばの水準だった日経平均株価は、瞬く間に9000円台に乗り、7月1日の終値は9278円49銭。東京証券取引所は連日の大商いで、7月1日まで24日連続で売買高が10億株を超えたほど。これはバブル期の1989年2月1日〜3月1日に記録した20日連続を上回る新記録である。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2864文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
伊藤忠商事
スフィンクス・インベストメント・リサーチ
田辺経済研究所
ドイツ証券
日本銀行
BNPパリバ証券
三井住友アセットマネジメント
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
モルガン・スタンレーMUFG証券
UFJ総合研究所
update:19/09/24