日経ビジネス 2003/07/07号

時流超流・トレンド
改正建基法で“換気扇特需”

 「昨年に比べて受注が急増。対応が追いつかない」。こんな景気の良い話が、換気扇メーカーの間で飛び交っている。換気扇の国内出荷台数は昨年650万台。ここ数年、前年割れだ。それが2005年には1000万台になるという。換気設備最大手、三菱電機電材住設事業部の坂井淳浩氏は「売り上げ拡大の絶好のチャンス」と鼻息も荒い。 追い風となったのは7月1日に施行された改正建築基準法。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:866文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 住宅・商業建築・オフィス設備
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・商業建築・オフィス設備
【記事に登場する企業】
シャープ
三菱電機
update:19/09/24