日経ビジネス 2003/07/07号

時流超流・トレンド
「汚染の加害者」怯える企業 青森・岩手県境の不法投棄問題で4社実名公表

 自分たちにその気がなくても、いつ不法投棄の加害者にされるか分からない——。そんな恐怖といら立ちを企業関係者は感じている。 青森・岩手県境に大規模な産業廃棄物の不法投棄現場がある。82万m3という規模は国内最大の不法投棄と呼ばれた香川県の豊島をも上回る。さびたドラム缶が転がり、雨のたびに汚染水が流れ出る。環境への悪影響は計り知れない。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1569文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
【記事に登場する企業】
アディロン
タカラトミー
地方自治体
日立物流
ヒロモリ
update:19/09/24