日経ビジネス 2003/07/07号

小さなトップ企業 経営
萬国製針(手縫い針の製造) 技術が縫い合わせた業種の壁

 かつて手縫い針は、衣服を繕ったり雑巾を縫ったりするのに欠かせない道具だった。今は一般家庭で活躍する場面は激減。数少ない出番でさえも、量販店で売られている安価な中国産に押され気味だ。しかし、手芸などの用途には、針先の鋭さや耐久性に優れる国産品が使われることが多い。その国産手縫い針で約9割のシェアを維持しているのが萬国ばんこく製針である。(66〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3010文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
萬国製針
update:19/09/24