日経ビジネス 2003/07/07号

技術&イノベーション リポート
テレビ会議システム IPで「安くて便利」を実現

 イラク戦争やSARS(重症急性呼吸器症候群)の流行で、海外拠点とのコミュニケーションの問題がクローズアップされる中、テレビ会議に改めて関心を寄せる企業が増えている。 テレビ会議システムは15年ほど前に商品化されたが、最近は機器の価格が安くなり、使い勝手も格段に向上している。(98〜100ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3143文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > テレビ会議・パソコン会議*
通信・ネットワーク・放送 > ネットワーク機器・通信端末 > テレビ会議・パソコン会議*
【記事に登場する企業】
ソニー
米ポリコム社
update:19/09/24