日経ビジネス 2003/07/21号

時流超流・トレンド
霞が関エリート“昇格”の真相 構造改革巡る官民綱引きが生んだ「妥協人事」

 人事の季節を迎えた霞が関で、1人の官僚の「昇格」が関係者の耳目を集めている。霞が関流の積み上げ型の政策決定プロセスと、民間の知恵も取り入れたトップダウン型の手法とのせめぎ合いの中で生まれた「妥協」の人事。構造改革へ向けた過渡期を象徴するような摩擦の産物だ。 坂さか篤郎あつお内閣府審議官。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1692文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
内閣府
update:19/09/24