日経ビジネス 2003/07/21号

時流超流・トレンド
出張再開、即エンジン全開 SARS騒動収束で広東省は増産大ラッシュ

 「2〜3カ月前とはうって変わって、目の回る忙しさ。出張解禁とともに視察や製品試作のお客様が次々と訪れて、7人いる営業マンは、その応対に追われっぱなし。遅れていた新機種の立ち上げが重なり、工場側も生産スケジュールのやりくりで頭が痛い」 こう話すのは、電子部品商社でEMS(電子機器の製造受託サービス)大手でもある加賀電子の香港法人、塚本剛取締役だ。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1721文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
【記事に登場する企業】
加賀電子
外務省
ユー・エム・シー・エレクトロニクス
update:19/09/24