日経ビジネス 2003/08/04号

時流超流・トレンド
トップ交代に残る不可解さ ソニー欧州でひっそり去った功労者

 ソニーの2003年度第1四半期(4〜6月期)の連結業績は、売上高で前年同期比6.9%減の1兆6038億円、純利益は同98%減の11億円という厳しい内容だった。その中で欧州は唯一、円建てで売上高を伸ばし0.3%増の3467億円となった。ユーロ高の追い風もあったが、欧州事業は常に全売上高の20%強を稼いできた。 その欧州で、ソニーは今春、不可解なトップ人事を断行した。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1665文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
【記事に登場する企業】
ソニー
英ソニー・モバイルコミュニケーションズ社
update:19/09/24