日経ビジネス 2003/08/18号

時流超流・トレンド
永守・日本電産社長が語る三協精機買収の真意 「10年遅れの淘汰、社数多い」

 日本電産がまた大きなM&A(企業の合併・買収)を発表した。相手は精密モーターや光ピックアップなどを生産する長野県の名門企業、三協精機製作所。同社が実施する第三者割当増資を引き受け、10月1日付で39.8%を出資。傘下に収める。直接の狙いは、主力のスピンドルモーター技術の深化と、新分野のモーター技術の取り込みという。しかし、本音は業界再編を主導することでもある。(12〜14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4887文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
日本電産
日本電産サンキョー
update:19/09/24