日経アーキテクチュア 2003/08/18号

特集 問われるコスト管理力
宮古市の交流・タラソテラピー複合施設 CMでも公共工費削減に壁
専門工事会社間の競争環境を整備できず

全国に先駆けて公共建築にCM(コンストラクション・マネジメント)を導入した岩手県宮古市。建築コストを透明化することで無駄をなくし、工費を削減できると発注者は期待していた。しかし、もくろみ通りにはいかなかった。 設計段階からトラブル続きだった。(68〜72ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5766文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 問われるコスト管理力(66〜67ページ掲載)
問われる コスト管理力
特集 問われるコスト管理力(68〜72ページ掲載)
宮古市の交流・タラソテラピー複合施設 CMでも公共工費削減に壁
特集 問われるコスト管理力(73〜75ページ掲載)
汐留シティセンター 海外企業参入を促す仕様に
特集 問われるコスト管理力(76〜78ページ掲載)
本間総合計画のオープンシステム 専門工事会社の単価を収集
特集 問われるコスト管理力(79〜80ページ掲載)
中部国際空港 川上段階から第三者の目
特集 問われるコスト管理力(81〜82ページ掲載)
大成建設の自動概算システム 簡単なプランでも自動概算
特集 問われるコスト管理力(83〜85ページ掲載)
コスト管理の勘所 甘え、なれ合いを排除する
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > その他(建築トラブル)
【記事に登場する企業】
高輪・建築計画・総合研究所
高輪建築事務所
地方自治体
日本コンストラクション・マネジメント協会
農林水産省
早稲田大学
update:19/09/26