日経ビジネス 2003/08/25号

時流超流・トレンド
“家電の花形”薄型テレビ秋の陣、画像処理回路がカギ 巻き返し狙うソニーが台風の目

 8月21日、松下電器産業が秋商戦に向けた薄型テレビの新商品を発表した。液晶3機種、プラズマ3機種で、全モデルにBS/110度CS/地上波デジタル放送のチューナーを内蔵したハイビジョンテレビだ。商品ブランドはブラウン管から引き継いできた「T(タウ)」を改め、新たに「VIERA(ビエラ)」を採用。ブラウン管から薄型への買い替えを一気に促す。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3333文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > テレビ*
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > テレビ*
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > プラズマテレビ*
【記事に登場する企業】
三洋電機
シャープ
ソニー
パイオニア
パナソニック
日立製作所
update:19/09/24