日経ビジネス 2003/08/25号

時流超流・トレンド In the Market
携帯コンテンツの勝ち組となったインデックス 「次代のヤフー」の期待かかる

 5月以降の連騰で値戻した株式市場。だが、その本質は売り叩かれた日本株を、米国株上昇につれて見直し買いした外国人投資家の「割安株投資」の結果にすぎないとも言える。株価を形成する1つの側面を企業の将来性に対する値付けとすれば、先行きを買う成長株投資はなお多くはない。 その中でインデックスは、数少ない成長株になりつつある。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1593文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
【記事に登場する企業】
インデックス(1995-2014)
update:19/09/24