日経ビジネス 2003/09/01号

時流超流・トレンド 売れ筋読み筋
カメラつき携帯の弱点にピント 新機能売るレンズつきフィルム

 若い女性が片手でカメラつき携帯電話をかざし、手軽に自分を写している光景も今や物珍しくなくなった。だが、世代を問わず写真をより身近にした立役者と言えば、簡便さでブームを巻き起こした、「写ルンです」に代表されるレンズつきフィルムだ。メーカー各社は、携帯にお株を奪われまいと、新機能を盛り込んだ製品を相次いで売り出し、共存の道を開こうとしている。(24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1429文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > カメラ付き携帯電話**
車・機械・家電・工業製品 > 工業製品・グッズ > 光学製品
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > カメラ付き携帯電話**
【記事に登場する企業】
コニカ
コニカミノルタフォトイメージング
富士フイルムホールディングス
矢野経済研究所
update:19/09/24