日経ビジネス 2003/09/01号

本 新刊の森●パーソナル 佐久間〓二の経営哲学
WOWOW再建の足跡をたどる
『佐久間〓二の経営哲学』

 我が国初の民間衛星放送局で、有料放送局の先駆者となったWOWOW。加入者数の伸び悩みなどで経営危機に陥った同社を救ったのが、1993年に社長に就任した佐久間〓二・現会長である。佐久間会長の言葉を取り入れながらWOWOW再建の足跡をたどる。 佐久間氏は赤字脱却のため、知恵を出しながら限られた資金、時間、人員で高いパフォーマンスをあげる「適限経営」の実践を唱えた。(71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:641文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
WOWOW
update:19/09/24