日経ビジネス 2003/09/08号

時流超流・トレンド In the Market
 粉飾決算で不信増すフレディマック 米国版住専も根本治療必至

 米住宅ローン大手の連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が経営問題で揺れている。 この8月には、米連邦住宅公社監督局がグレゴリー・パーセギアンCEO(最高経営責任者)の資質について不満を示し、いきなり解任した。パーセギアンCEOは就任からわずか3カ月足らずで職場を去り、同社は今、経営者不在に陥っている。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1504文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
【記事に登場する企業】
米連邦住宅貸付抵当公社
update:19/09/24