日経ビジネス 2003/09/08号

小さなトップ企業 経営
大学産業(緊急時用浄水装置の開発) “命の水”育んだ独学主義

 人間が生きていくために水は必要不可欠。災害で上水道が使えなくなると、いかに大量の飲料水を確保するかが重大な問題になる。そんな緊急事態でも、学校のプールや河川の水を浄化して飲料水に変えてくれる浄水装置は、今や地方自治体や消防署などにとって欠かせない備えになった。 この緊急時用浄水装置の市場で、5割強のシェアを確保しているのが大学産業である。(54〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3056文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
【記事に登場する企業】
大学産業
update:19/09/24