日経ビジネス 2003/09/15号

時流超流・トレンド 小泉続投の死角 緊急インタビュー
小派閥から総裁選へ、高村元外相が語る「反小泉」 改革成果、「竹下」に及ばず

 9月8日、自民党総裁選が告示され、同20日の選挙に向けて4人の立候補者による舌戦が繰り広げられている。 小泉純一郎首相、藤井孝男・元運輸相、亀井静香・前政調会長が順に届け出を済ませ、最後に高村正彦・元外相が滑り込んだ。最大派閥の橋本派が統一候補を見送る初の総裁選となるものの、顔ぶれを見る限り、派閥の力は依然強い。(13〜14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3219文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
自民党
update:19/09/24