日経ビジネス 2003/09/29号

時流超流・トレンド
自動車株に円高ショック 業績への影響は限定的でも消費不振を心配

 9月22日、自動車大手3社の時価総額は、わずか1日で約1兆4000億円も減少した。トヨタ自動車の株価(終値)は前日比190円安の3510円、ホンダは同410円安の4750円、日産自動車は同64円安の1265円と3社とも大きく下げた。 きっかけは、急激な円高だ。22日の東京外為市場で、円相場は一時1ドル111円台まで急騰した。2000年12月以来、2年9カ月ぶりとなる円高水準だ。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1711文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
日産自動車
ホンダ
update:19/09/24