日経ビジネス 2003/09/29号

時流超流・トレンド
「日の丸半導体」を後押し 三菱商事が日中で新ビジネス展開

 9月17日の朝。三菱商事の本社で、小島順彦副社長と、台湾の福華先進微電子(FameG)の楊丁元・会長が、固い握手を交わした。三菱商事は同社に出資し、9.83%の株式を取得。中国市場向けに半導体の設計・製造を請け負うというビジネスモデルに乗った。 「出資の目的は日本の半導体メーカーの中国進出を支援すること」(小島副社長)。その論法はこうだ。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1685文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > その他(エレクトロニクス製造)
【記事に登場する企業】
テクノロジー・アライアンス・グループ
台湾・福華先進微電子
三菱商事
update:19/09/24