日経ビジネス 2003/09/29号

景気動向 「よちよち景気」に意外な強さ リポート
米株式市場にバブル再来? 目先の利益求めて漂うマネー

 米有力企業30社の株価を基に算出するニューヨーク証券取引所のダウ工業株30種平均は、8月初旬の9000ドル台から9月に9500ドル台まで上がった。ハイテク企業が多く登録する米ナスダック市場の総合株価指数も1650台から1800台まで回復した(下と173ページのグラフ)。 上昇の背景には、米国景気の先行きへの期待がある。(172〜173ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3239文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
update:19/09/24