日経ビジネス 2003/10/06号

技術&イノベーション リポート
超指向性音響システム 的を絞って音を届ける

 駅のホームを歩いていると、耳元で突然、ささやくような声が聞こえてくる。「電車が到着します。足元にご注意ください」——。 そんな案内アナウンスが、近いうちに現実のものになりそうだ。特定の場所だけで音声などが聞こえる「音のスポットライト」とも言える技術を三菱電機エンジニアリング(MEE)と東海旅客鉄道(JR東海)が共同開発したのである。(82〜84ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3756文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > その他(AV家電)
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > その他(AV家電)
【記事に登場する企業】
JR東海
電気通信大学
三菱電機
三菱電機エンジニアリング
update:19/09/24